FC2ブログ
 1件ずつ表示 
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2017.03.05 Sun

ギルマスと1vで遊ぶ。

なんだかよく分からない対人で遊びました。
ギルマスが組むリアルアルカナ単という廃課金デッキ、対してこちらは通称メガogre兄さん(蛮族とジンとスキルのみ)というドリームマッチ。
あ、記事にするつもりなかったので画像は取ってません。
結構面白かったので、後日デッキ画像を徴収するかもしれません。

こちらは覚醒を10枚近く+赤も数枚、対して相手はパック産で赤4枚のみという対戦。
まあアルカナで赤4枚っていうのが既にアレな気もしなくも無いんですけどね?
※記憶が確かならスター、ハイプリエステス、ラヴァーズ、フールの4枚。狂ってる。
とはいえ、実質的に打撃力になるカードに赤がないのが救いです。
ちなみにアルカナ全種コンプまであと4種類だそうです。きめえ。

マジでデッキ構成がアルカナにパーンと狩人スキル詰め込んだだけというダイナミック構成なんですが。
いやあカードパワーというものは恐ろしい。
開幕フールが吹っ飛んできて何も出来ずに即死はオーガのお約束。
そうでなくてもとりあえずのサン、ドロー要因のスター、ドーンがまず手早い。
そこにムーンを重ね、とりあえずで根元にハングドマンを置き、ムーンがいるからとこれ見よがしにタワーを投げ。
エンプレスやフォーチュンの常駐に手間取っていると変なライオン戦車にひき殺される。

メ イ ン 火 力 が チ ャ リ オ ッ ト

しかしこれ冗談のようで割と笑えない状況であり、フォーチュンに石を撃ってもマジシャンに返されたり。
術の除去が本当に通らないのです。
とかやってるとなんかデビルでデッキ無くなってるし。

個々のパーツが無駄に高性能。グッドスタッフって言っていいのかは怪しいですが。
そして何がきても変態能力を持った尖った集団をジャッジメントがほじくり返す
当然のようにワールドは雑に置かれダメージはゴリゴリ加速。
そして大概そこから出てきたライオン戦車が体力をごっそり持っていくという流れ。
さらにHPが雑に減るのを利用し、自分のユニットを守るために反逆門を先置きし、ユニット消去を強制。

うん、なんていうか、理不尽感半端ねえこのデッキ。



まあ弱点といえば、あまりにもアルカナは個々の能力が変な方向に尖っていること。
そして尖った能力自体がほぼ全て、だということ。
要はアルカナで固めすぎると忘却に弱いんですよね。
なんぼフォーチュン、マジシャンがいるとはいえそこを潰して忘却をまとめがけできれば、パラメータ自体はごくごく平凡な連中。
あとはハイプリエステス、タワーといったユニットが比較的別のアルカナと噛み合わない、ということが判明しました。
とくにこちら視点では、タワーが出る→タワーを増やす→タワーが連鎖爆発してアルカナ一掃がままありました。
さりげなく魔法反射では自爆ダメージが消せないのでエンプレスも爆死してしまいますし。
それと直撃や強襲、デッキ破壊による攻撃が勝ち筋になるため、ハイプリを奪うのが鉄板でした。
ハイプリを2体くらいまで増やせれば強襲などのダメージはカバーでき、最悪デビルはある程度スルーできます。
結果からいえば、ある程度こちらの戦力が展開できるターンを過ぎるところまで持ち込めるか、の一点でした。
オーガデッキって大体どんなデッキ相手でもそうなんですけども。

本当に個々の能力が派手なだけに、その時マズいユニットをちゃんと潰せていればスペックで負けるオーガではないです。
潰し損ねてなだれ込まれると死。
あとブランクはやっぱり運ゲーの極地。
3Tブランク→即ワールドは大体死。

ともあれ、こういう変なデッキと遊ぶのも一興です。
ある意味DGの挙動を深く知るには、特殊な動作をするユニットとの対戦に慣れておくのも重要です。
私の場合、本当に覚醒ベルセルクやヴォード等の動作に慣れていないのか、相手のプレイングミスを良く見かけます。
ま、カードゲームってわからん殺しは重要ですよねえ、本当。
相手のデッキを見て何を止めるべきなのか、止めるタイミングは今でいいのか、等。


今日の出来事なんですが、野良1vで濃霧を連打するエンペラーデッキというレアなデッキと対戦しまして。
虚無障壁をいいことに濃霧を毎ターン連打し、無理やりエンペラーを育成して突き進めるという男前デッキでした。
残念ながら途中でジンの回収が間に合わず濃霧が切れてしまったのか、そこから切り替えして・・・という流れになってしまったのですが、濃霧を切らさずに回し続けられれば確かに強力な流れ。
覚醒ハマリエルとかもあったら面白そうです、コレ。
ぶっちゃけ『めんどくさい』と言ってしまえばそうなんですが、個人的にはこういう意図的な構造を考えて運用するデッキは非常に興味深く、発想そのものは凄く好きです。
特にこういった主流デッキの流れを無視する要素を取り入れたデッキは、それそのものが成功するかは置いておいて、カードゲームの構築の幅を広げる重要な試みであると思っていますし、何よりも同じようなデッキに当たるよりはプレイが楽しいです。
『お、そういう事やってくるかwww』とか中の人はよく言ってます。
口ではめんどくせえめんどくせえと言ってますが、バデンに轢殺されるよりは面白いカードゲームです。

独自の能力を持ったユニットにスポットを当てたデッキの最大の問題点は、結局キーユニットの除去というとにかく一点。
まあ早い話が魂奪なんですけど、ねぇ。
思いつくだけでもイーリャやアンゼリカ、イヴなんかもこういった方式で特殊なデッキを組んで運用するのも面白いと思います。
それが現在の高速環境で適応できるデッキかどうかはともかく、なんですけど。
スポンサーサイト

続きを読む
Category: 未分類 Comments (8) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

そのターンに召喚したので対処できてしまうのの代表かニーナマーレなわけだけど
逆にそれ以外なら迅雷ぐらいしかない気もする 直撃とかは止まらないから対処しつつになる関係で濃霧以外を結構積むから
中々考えるデッキだけどおもろかったなW
オーガデッキで遊ぶなら言ってくれれば起きてたのに-。試合見たかった……。
濃霧自体には実際可能性がかなりあるカードだと思う。
虚無障壁持ちとかが増えてるから、相性ゲーなのもきついとこだけど。

社長が戯けたデッキを突然持ってきたのが原因。
また面白そうなことを!
巻き込まれたくない感もありますがw

濃霧はやはり術師の切り札の一つと考えてます。
待機1で高精通、フォーチュン入れば自陣被害なし。
もちろん湧動とも相性良いですし。

そういうことやってくるかデッキで
狙いスジに特化し枚数削ったのが各種15枚デッキ
……と考えてるので、今度そんな考察も
してみようと思ってます。

なお濃霧かどうかはさておきエンペラーデッキに
心当たりがあるのですが(笑)
もしビンゴなら世間は狭いナー
魔鏡がきちんと買えたら減速魔鏡フランクリンとかやってみたいです
これぞまさに雷雨
あ、グリーゼはやめてください死んでしまいます
アルカナ単デッキというよりグッスタデッキ全般が魔鏡苦手ですよね
強いカードはストーン忘却してパクりゃいいし、弱いカードは無視すりゃいいだけ
てかmiriaさん?
相変わらず巨人のパワーより魔鏡に頼ってません?ww
エンペラーデッキは使い手が少ないと思いますし、多分ビンゴでしょう。
個人的には返しのターンに手札から出たユニットを潰せないのがあまり好きではないんですが、ラヴァーズに対応しているというのも評価できるポイントなんですよねえ。

殴り合いに強いデッキが相手なら巨人を増やし、巨人で対応できないなら対応できるカードを相手からもらうのが魔鏡巨人の鉄板だと思います。
本当にベルセルク増やそうがフォギア増やそうが、どうにもならない状況ってどうにもならないので。
返しのターンに潰す…ハッ(゜ロ゜)‼
ストレェェェェングス‼(絶対違う)
あいつそういや生ストレングス入ってなくね?

この記事へコメントする:

    

この記事のトラックバックURL:

http://dgmiria.blog.fc2.com/tb.php/263-342f9395

この記事に対するトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。