FC2ブログ
 1件ずつ表示 
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2016.12.07 Wed

つるぺったんでバベル攻略

bab.jpg
46階以降は普通にやりました。
45回までに必要だったチケットは3枚。ほぼ全部予想通り騎馬やら狼やらでしたね。
案外できるもんなんですねー。
ぶっちゃけAIの行動パターンさえ覚えておけば、強力なパーツがいくつかあればクリアはできる。
そういう意味ですと、僕自身AI殺しもいいところです。
それな。幼女無視して2列ベルセルク完封とかもあった。
やっぱり魔鏡もいらなかったんじゃないですか?
魔鏡なかったらリトライ回数2桁だぞ間違いなく・・・
えぇー・・・
主に騎馬速攻とかに対しての解法がベリー増殖で相手の打点を超えて回復、とかだったからな。
はっきり言ってパワーカードには相当頼った。
じゃあ、折角なので活躍紹介でも。

デッキ『べる幼女』10点満点で活躍度を採点。
ベルセルク(☆7):10点
主役。間に合えばほぼクリア。
アマト(☆5):6点
ドローのおまけ付としては中堅程度の活躍。やたら手札にきた。
アリスEX(☆5):10点
暴力。敵が並びやすいバベルではとりあえずいたら増やすくらい強力。
光竜の少女(☆4):5点
んー・・・まあ、品質も半端ですし・・・加速ユニットの競合相手も多く、とりあえず仕事はした、程度。
サンダルフォン(☆5):9点
加速の主力。本人が死んでも周りのユニットにベタベタ加速を残していくので、引くとやたら回る。初手だと微妙な珍しい加速。
狩るものアルティ(☆5):8点
物理反射はなんだかんだ強い。本人もそこそこのサイズ。
スター(☆5):10点
10点以外に何をつけろと。存在するターンの数だけ後の暴力が待っている。
風舞う白銀フラウ(☆5):7点
よく見ると意外なほど魔法攻撃ユニットが少なく、重甲を叩くのに意外と活躍。アリスと一緒に出ると特に強い。
お菓子のベリー(☆5):10点
こいつがいなければ死んでいた場面多数。虚弱と回復で生き延びる守りの要。
草原の守り手リタ(☆5):7点
主要な死亡要因である騎士に対抗できるユニット。ただし正面突破できる相手には引いても困るので得点がつけづらい。
白尾リリリ(☆4):5点
思ったほど役に立たなかった。あまり人間ボウガンステージを引かなかったのも要因か。
白雪姫(☆5):6点
なんだかんだ毒4点はけっこうえぐかった。後衛としてちゃんと配置できると一定の活躍を見せる。
オキュペテ(☆5):8点
50%のMVP級の活躍をピンポイントで見せた。強引な剥がしが可能、前を殴っても魅了は強い。
というかこいつに関しては使う人がいないと思うのでちょろっと補足しますが、背面切りユニットの仕様なのか射撃なのに前に進む。
剥がすときは不便ですが、配置で補うこともできるし前に進むのも得な場合もあり、案外柔軟な運用ができた。
オキュペテ本人のスペックを鑑みると運用はしづらいものの、今後同様の動きをするユニットも強ければワンチャンあるかも?
サンタおーがたん(☆6):10点
主力。初手のこいつの安心感。
チョコおーがたん(☆6):10点
主力。体力と魅了と火力とかいう何コレ。
撲っ娘おーがたん(☆5):8点
打点不足に悩みがちな状況を打破してくれるいいこ。
巫女おーがたん(☆5):7点
数少ない聖光要因・・・も、なんか別に正面突破はできてるので。そこそこのサイズ+治療要員で影ながら活躍。
小王女アーテヴィア(☆5):7点
増やしてみたもののブロックの恩恵はさほどでもなかった。むしろ6/15魔法壁という本人のスペックで活躍。
刹那の双翼リュカ(☆4):6点
ベリーに比べると回復量もそこそこ程度。まあ、☆が足りないね・・・それでもこの品質では使い勝手良。
輪廻の双翼ユイナ(☆4):7点
とにかくうざくて長くて硬い。削り合いの最中にユイナを増やすことも。この品質でも安定感が非常に高かった。
綺羅斧のビビ(☆4):4点
カーティス等のように起点から2マスではなく前2マスなので、間に味方を挟んでしまいがち。思ったほどは使えず。
綺羅斧のビビEX(☆4):6点
やはり使いにくくはあるものの、ユニット召還は強かった。
牧場の少女リーフ(☆4):3点
ネタ枠・・・ただしオキュペテの前を塞いで連続で背面切りを発動など、場所取りで意外な活躍も。特になければ手札の肥やし。
十菓繚乱マーブル(☆5):9点
まさかの大活躍ユニット。運ゲー要素が一際強いながらも、ランダム効果の中に恐ろしくえげつない効果が混ざっている
こちらも使う人が少ないと思いますので、少々解説をば。
マーブルの初回行動時の発動バフは敵全体を対象に以下の効果。
流血:回復不可能になる。これだけ5ターン。
盲目:攻撃不能。敵だけ濃霧と考えればこれも意外と強い。
衰弱:HP-5。ニケの小妖精が吹っ飛ぶ
炎上:行動後1ダメージ。弱いが、ニケの小妖精が吹っ飛ぶ
凍結:移動不能。ややハズレ。
虚弱:攻撃力-1。1ターンとはいえニケの小妖精がゴミクズになるベリーでええやんとか言うなよ
深手:全深手1。1ターン効果なので正直付いても付いてる最中にほとんど攻撃ができないハズレ効果。
魅了:全体魅了。4待機のユニットに7待機相当のパニック効果。当然ニケは剥がせる。
まず張り付いてしまったニケを1/2で大体なんとかできるという効果もさることながら、全魅了のえげつなさは本当に暴力。
実践でもマーブルから切り替えした場面も数度あり、案外使えるんじゃね?という幻覚ry
ともかく活躍はしました。
吸血姫アンゼリカ(☆4):5点
とにかくコウモリを量産して相手の場を埋める系ユニット。グダグダになりやすいので高品質なら成長もあって強かったかも。
ルル(☆4):6点
こちらも流石に品質不足ながらも、忘却という能力の強さはやはり健在。なんだかんだ強いです。
恋する悪魔ショコラ(☆5):7点
一番評価に困る子。味方を焼いてしまうため手札で腐ってるパターンが非常に多いのです。
が、そういうパターンの場合はそもそも勝ててるので出す必要がないといえばない・・・とも言えてしまう。
とはいえ火力の高さ、範囲はエグく、アーテヴィアとアリスEXの魔法壁コンビを盾に砲撃モードに入ると酷い。
やっぱ対人とは評価ポイントかわるよね。
AIに対してはオーガって強いんですねえ・・・
そもそも品質の問題もありますけど。
でも案外みんな活躍するもんだよ。
育ってるオーガだけでゴリ押しになるかなーと思ってたんだけど・・・
ユイナちゃんの安定感は本当に半端じゃなかったですね。
射程が長いのでとりあえずダメージは取ってくれるし、居座れば耐えてなおよし。
流石に魔鏡まで抜いたら警戒増やさざるを得ないけどね・・・
これでも45階までのプレイ中、たしか魔鏡は味方ユニットにしか使ってなかったはず。
いやあ、楽しかったですよ。
対人では流石に遊ぶほど好きなユニットを詰め込んで行けませんから、バベルはいいですね。
ほんそれ。バベルは遊び場状態。
折角いろんなユニットあるんだから使っていきたいよね。
来週のバベルもまたなんか変なデッキで行こうと思います。
・・・時間があれば・・・
スポンサーサイト

続きを読む
Category: 未分類 Comments (5) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

オキュペテが活躍してくれて僕は満足です。マーブルは当たりでもハズレでも笑えるいい子。だがこんな確率系山積みデッキ、パワーカードいなかったら
アカギなら勝てるデッキ
カイジなら負けるデッキすぎるW
運ゲーカードだけで30枚集めてみようかと思ったけど勝てる気がしない件。
落雷とかもある意味運ゲーだから、そういうのでもいいならクリアはできると思うんだけど。
かの精霊王にかかればマーブルちゃんもニケ対策が出来ないユニットになりますね…
昔はよくグッスタに入れてたけど悪くはない
ただし出て終わりだから魔鏡とか偽情報ないと活かしきれないってとこかなww
そういやうちのギルサイトにそんなデッキがあったような…
ユニットごとの活躍紹介とてもわかりやすくてこれいいですね。
なんと!バベルは遊び場・・・対人は遊びではなかったのですね・・・!
バベル程度なら、本人のスペックもまあまあ役に立ったりします。
結局は運ゲーなんでアレですけど、こういう風に遊ぶときは正に大道芸人の本気を見せてくれます。

あくまでバベルで使った感想なので、対人とスコアが違う点はあしからず。
対人は本当に煮詰まっちゃうと遊ぶカード入れてる暇なくなっちゃいますからね。バベルは程よく敵が順当に強化されていきますので、ふざけたデッキを持ち込むには最高です。

この記事へコメントする:

    

この記事のトラックバックURL:

http://dgmiria.blog.fc2.com/tb.php/254-02122634

この記事に対するトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。