1件ずつ表示 
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2016.10.10 Mon

覚醒権天使の話をしよう。

seijo7j.jpg

実は木曜日の段階で出来てはいた。
スペックに変更はありませんでしたが、使用感はいかがでしょうか?
実は使用感に関してコメントしづらかったので、作ってからしばらく記事にするのをためらってたんだよね。
結論から言ってしまえば『普通のデッキでは覚醒する意味合いは薄いが覚醒しない理由は特にない』でFA。
それは、まあ・・・
本国での11/9という仕様でしたら色々考えるところはあったかもしれませんが。
加速は強力な能力だとは思いますが、全体となると使いどころが難しいですね。
加速目的なら2待機の権天使が回していつでも使える≒重いカードを引き込んだタイミングで使える。
4待機の聖杖の場合、3~4待機程度のカードを複数枚、しかも有用なタイミングで加速は難しい。
さらに鼓舞霊句との大きな違いは、加速するのが行動タイミングであるという点。
パーンを筆頭とした『行動中に加速して出せる枚数を増やす』に繋がらないのは現環境では微妙だ。
意外と辛口評価ですね・・・
仕方ない、ぶっちゃけ『結果的に役に立ってるのかがわかりづらい』カードだから。
とはいえ本人スペックは4待機枠の中でもかなり秀逸だし、汎用性は非常によろしい。
手札で加速しすぎて待機が0になってしまったカードも、減速に1回耐えると考えれば無駄ではないし。
減速2が増えつつあるのが逆風でしょうか。
そもそもそういった相手には、4待機の私が出てくるのが難しいとは思いますけど・・・
結局一番簡単な運用方法としては、重めのカードが多いデッキに権天使系列をそもそも多めに積む。
全体的に雑な加速を繰り返して重めのカードをサクサク出す、という形が楽だろう。
というかもう神杖とかそれくらいしか思いつかん・・・
加速ユニットとしては、場に出たターンだけで仕事が終わるのが一番の強みですね。
採用率の高いオードさんやローザさんは、2~3ターンは場に残れないとあまり大きな効果は上がりませんし。
逆に手札が多くないと、実質加速1~2程度で終わってしまうとも言える。
重めかつドローは充実している、という『普通なら手札が溢れる』というデッキが向いてる。
権天使系列共通で本人スペックがかなり高いので、高スペックのユニットを途切れさせずに戦えるからな。
・・・と、なりますと・・・魔典研究ですか?
権天使系列を5~6枚積んだ魔典組んでみたい。
プラスでドーン、スター等のドロー要因、デッキ回収にハイプリエステスかな?
魔典で引いてきた権天使がそのターン中に出せないのがデメリットだが、逆に魔典を打つ前に出した権天使の加速は引いてきたカード全てにかかるので、引いてきたうちの2待機以上のカード全てに加速の恩恵がある。
いわゆる魔典パーンと違って、魔典研究を打ったターン中に行動できない分が勿体無い気もしますが・・・
ドロー次第ではその次のターン以降での圧倒的な展開力が望めますね。
グリーゼきついのはどうしようもないけどな。
この場合、他のユニットはもう全部物理にするくらいの勢いのほうがよさそう。
神杖魔典とか最高の流れだし、このデッキの場合何が面白いって魔典精通がアリアリなんだよ。
魔典研究が競技勲章で入手できるようになったのは大きいですね。
しかし、これだと2待機の権天使を主力にしたほうがいいのでは?
両方入れる。故にドローソースが重要になる。
そして回転力が上がるので、デッキ回収も必要になる。かなり尖ったデッキになってしまうが。
加速が全体に雑にかかることを考えると、紫晶ユニコーンとか採用レベルかもしんねーなw
もうちょっと普通のデッキで使えないものでしょうか・・・
普通のデッキだと、加速がかかっておいしいカードが複数枚手札に溜まってる状況が少ない。
だから『普通のデッキだと覚醒させる意味は薄め』になっちゃうんだわ。

・・・と、ここまで言った訳だが、あくまで普通のデッキの話。

grap.jpg
最近知ったがどうやらウチのデッキは普通じゃないらしい。
いまさらですよ!?
4枚以上に有用な加速を与えてくれることもままあるので、非常に有用だと思います。
こういうデッキを組む場合は覚醒が大きなメリットに。
そして迅雷に轢殺されてくるがいい。
・・・あのですね、もう少しなんとかする方向にいけないものでしょうか・・・?
流石にもう120DG剥きはやんないけど、天使覚醒Dは毎日回してる。
権天使も神杖の権天使も含めて5~6枚覚醒させたら、それを加速の軸にした重待機デッキにするつもり。
ドローソース不足は・・・スターが手に入ればいいけど、ダメならやっぱ魔典だな。
ただ少なくとも、このデッキを何とかするという意味合いでは非常に有用な方向に行ってくれてるよ。
お役に立てているのならいいのですけれど・・・
・・・確かに、蛮族デッキで加速が有用でない訳がない、ですか。
オーガは加速が必要。
でもオーガには加速要因は大量展開が必要なセーアしかいない。
かといってあまり加速要因を別種族に頼りすぎるとオーガが足りなくなって蛮族で固める意味がない。
まあ、難しいところだよね。
そこで加速要因を我々に求めるのもなかなか飛躍したアプローチだと思うんですが・・・
大型ユニットのプレッシャーっていう部分もあんまりスポイルしたくないから・・・
攻撃力9はなんだかんだ大きな魅力。
確かにこれだけの攻撃力で加速を持つユニットは少ないですね。
そういう意味では稀有な存在でしょうか?
そこまでして作る人がいるのかどうかわからんが、少なくとも重待機デッキの人は一考の価値がある。
似た使用感の神杖で試せるのもプラスだな。
まあ、一般ユニットらしい使用感なんじゃないか?
やや偏ったデッキでピッタリ嵌る可能性のあるユニット、というのが総評だ。
それは、喜んでいいものなのでしょうか・・・
覚醒してなお使えないユニット、一般にはいくらでもいるんだよ。
ゴブギャングさんに謝れ。
すいませんでした・・・
スポンサーサイト

続きを読む
Category: 未分類 Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

使われてないユニットというだけで使いたくなってしまう…悪い癖です
流石にゴブギャングは使えません
人間の傭兵さんは使える気がするんですがなぁ

グラフが…一般と違い右上がり…!!
流石です
罪徳来たら勤勉さん入るんですかね〜
( ̄▽ ̄)
一流傭兵とか普通に強いと思います。
高攻撃力はそれだけで最低限の仕事をすることが多いです。

加速は権天使で固める方向でいこうかなと思ってます。
勤勉も入手できれば考えますが、そもそも多分数ヶ月先のことですし・・・

この記事へコメントする:

    

この記事のトラックバックURL:

http://dgmiria.blog.fc2.com/tb.php/240-2375b99c

この記事に対するトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。