1件ずつ表示 
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2016.09.25 Sun

人外忌憚5

ふと思いついたので第5回。
ヴォス。ところで何で自分なんスかね?
・・・特に意味もなく、紫色率300%でお送りするためだそうです。
一応ちゃんと色変えてンだな。
で、今回は誰に愚痴だ?
今回は今までと少し方向性が違うけど、エルフについて。
昔書いたレポートが発掘されたので、それを見ながら記事的な感じにしてみようかと。
エルフですか?
人間とほとんど変わりませんし、特に語ることもないのでは・・・
逆にエルフって人間と何が違うのか聞きたいッスね。
自分から見りゃどっちも同じようなもんッスよ。獲物が違うだけで。
日本でエルフっていうとゲームとかファンタジーな感じのアレが想像されるけどさ。
前々から気になってたのが、エルフって『膂力は人間のほうが上なくらい非力』っていうのは大体共通じゃん。
でも『機敏で弓と魔法が得意』と『全体的にどんくさいけど魔法が強い』っていうイメージに二分されると思うんだ。
そこいらどうなの?ということに関してちょろっと。
DGじゃ各々のユニットがどっちかに特化してる感があるけどな。
確かにその辺安定してねェ感はある。
あとエルフって大体肉食わねーッスけど、回復アイテムが肉系のゲームとか多いッス。
あれは教義的なモンなんスかね?
言われてみれば、大体はベジタリアンとして描かれます。
その割に、狩りの道具としてポピュラーな弓の扱いに長けているというのも不思議な気がします。
つーかそもそも弓だって、引く力が強けりゃ強いほど矢だって強く飛ぶじゃないッスか。
力が弱いのに弓が強いっつーのも微妙に変スね。
まずエルフがどういうもんなのかから考えていく必要がある。
というわけで、順番的にはまず最初に引っ張り出されるのは北欧神話になるか?
北欧神話では、自然を司る小神族という扱いですが・・・
アミニズム色が強いことを考えると、日本人的には『擬人化した自然そのもの』という表現がわかりやすいです。
まずエルフっていうか『精霊』って表現したほうがいいだろ。
国によっちゃピクシーだのニンフだのって表現のほうが通じやすいモノもエルフって言われてるかンな。
確かに精霊っちゃ精霊ッスね。
日本じゃエルフとは言わないッスけど。
北欧神話から発生した『自然を司る神族』という扱いは、伝播に当たって変形してくる。
無論自然と融和した種族であるという考え方はそのままだが、あくまで1つの種族という捕らえ方になる。
そこから差異が生まれたものが、日本に輸入されたときにはさまざまな形になり、ゴッチャになったと言えるかな。
そんな適当なもんなんスか?
伝承なんてのは、大概そんな適当なもんなんすわ。
一例で言えば『本来エルフの耳がとがってるなんて設定はどこにもない』とかな。
他にも『エルフは肉を好む』とか『ぶっちゃけ日本エルフは大体指輪物語のせい』とか・・・
えぇ!?
耳に関しては、考えてみりゃアレってどっちかっつーと悪魔っぽいよな。
そのとおりだ。
あ?
悪魔の耳が尖っているのは、大概万国共通らしい。
オーガもそうだが、耳が尖っているのはもともと『悪いもの』の象徴なんだよ。
で、主にドイツで語られるエルフなんだが、むしろ存在は悪魔に近い。
だからエルフ耳ではなく、悪魔耳と表現するのが適切。
そういう捕らえ方するなら完全にダークエルフッスね。
北欧神話の段階で白エルフ、黒エルフって区分はあったみたいッスけど。
現代に一番わかりやすい例ならば、シューベルトの歌曲『魔王』だろう。
原題はErlkönig・・・まあ、原題付けたのはデンマークなんだが。これを英語に直すとElf kingなんだぜ?
精霊王は・・・実は魔王だったと・・・!?
他にもドイツでは、悪夢を見る理由が『寝てるときにエルフが頭の上に座り込む』と表現するらしい。
他に照らし合わせると、サキュバスと近い、あるいは同一視されているとも言われているとかなんとか。
本当に仲間入りしちまってるじゃねェか・・・
つーかドイツはグリム童話なんかもそうだけど、随分人外をダークに描く節があるみてェだ。
でも逆にそこまでエルフが黒いのってドイツくらいッスね。
この尖った耳もじゃあドイツから輸入ってことッスか?
あ・・・そこで『指輪物語』が登場するわけですか。
確かあの作品でもエルフの耳は尖っていて、自然に根ざした美しく長命な種族、と描かれています。
腕力も結構あったり、性格なんかは割と特徴的だけど、ほぼそのイメージで定着しちゃってる。
あとは『ロードス島戦記』の2本が、日本エルフのイメージの大半を占めているといっても過言ではない。
でもやっぱり肉は食わないんスね。
『肉を捧げ物としてエルフを呼び出す』というのも、確か北欧絡みだった気がする・・・
さすがに出展までは調べる気が起きんが、大分初期のころはそうだった。
あくまで自然と融和した神族、という設定は薄れつつあるのが事実だろう。
なんつーか・・・ヒトに近しい形の生き物、ってとこ以外割と原型ねェな。
神話時代なんてウン千年前なんだから仕方ないッスよ。
むしろ他の国に行ってフェアリーやらノームやらと混同されて、原型残ってるんだからいいほうじゃないッスか。
そう考えると、むしろ魔法に特化しているエルフのイメージは後から来たものと言える・・・?
魔法的な存在だったのは最初から。
つっても身体能力の高さも古くから示唆されていることを考えりゃ、どんくさエルフは後発か?
思ったんスけど、実はそれゲーム的な設定の都合だったりしないッスか?
1キャラが弓と魔法両方使えると強すぎる、的な。
エルフに関する接触機会がゲームに多い以上、ありえない話ではないかもしれません。
人間の魔術師は生涯を魔道に捧げる、というイメージが強いですし・・・
同じ括りでエルフの魔法使いを作ったらそうなってしまった、という考え方ですね。
北欧、ドイツ、イングランド等の伝承を紐解いてみても、エルフと弓を切り離す要素はない。
弓を使っている描写がない作品はいくらでもあるが、そのエルフが不器用、鈍足といった描写は見受けられない。
『エルフは美しい存在』という前提を覆す描写はなんぼかあったりするがな。
やはりシェイクスピアですか?
ま、代表的な例はそこ。そもそもシェイクスピアはエルフをフェアリーかウィスプと同一視してると考えられてる。
つーかイングランドとかあっちのほうでは『エルフ』の捕らえられ方がより『妖精』的と言ってもいいだろう。
ゴブリンだって言い様によっちゃ妖精ッスからね。
・・・なんかさァ、どんどん収集付かなくなってってねェか?
フェアリーから高身長エルフまでいて、性格も何もバラバラで共通点無さ過ぎじゃねェ?
まーぶっちゃけると本質はそこなんだよ。纏めようがないし、どんなエルフが出てきてもおかしくない。
1970年代に出てきたお話が、神話時代から存在するエルフより日本人に根付いているくらいですし・・・
共通項は多いですけれど、共通の存在ではないということでしょうか?
そこに加えてもう一つ『弓も使えないけど魔法だけめっちゃ強い』的なエルフは、日本創作といってもいいと思う。
日本発エルフとして、なんかの作品が世界的にヒットしたりしたら広まるんじゃないかなーと。
個人的にはそういうエルフのイメージが強くて、現実になってくれるとうれしい。
日本アニメやゲームの強さを考えると、有り得ない話ではないッスね。
そういう感じのエルフが登場するファンタジー系作品ですごいのが出てくれば、ってことッスか。
あと、海外からは『日本人はエルフ的』という着想があるらしい。
また、近年の海外作品ではなぜか日本と関連付けられることが多い。日本風の名前だったり、サムライやショーグンがいたりする。
理由は不明だが、欧米から見て日本の「自然を大切にする」「欧米系より若く見える」「考え方や発想がしばしば意味不明である」といった部分が、エルフとの共通項を感じさせるようだ。(pixiv百科事典より抜粋)

・・・ラシイヨ?
こればっかりは、日本人の発想じゃ想像つかねェな。
日本人はエルフ後発国ですから仕方ないですよ。
ところでマスター、そもそもマスターの思い描くエルフ像ってどんな感じなんですか?
大体基本は人型で似たようなもんだけど、ゲームから多く影響受けてるからな。
長身っていうよりは、むしろ小柄で致命的な運動音痴の魔法砲台っていうイメージのほうが強い。
『小柄』ってエルフの設定としては割とレアな部類に入るほうッスよね。
細身なのは共通ッスけど、ひょろ長いののほうが多くないッスか?
そうなんだけどねー。どうも長身エルフって違和感あるのよ。
それはどちらかと言うと、マスターのエルフ像がおかしいだけだと思います。
スポンサーサイト

続きを読む
Category: 未分類 Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

興味深く拝読致しました〜

やはり日本の場合は、記事中にもあるように、
ロードスのディードが影響デカいですよね。

グループSNEはゲーム屋さんでもあったから
精霊が弓も魔法もとなるとバランス崩れるので
それを忌避し魔法に強いが非力とした、んで
少年達はみんなエルフ美女を庇護すべき存在として
萌えた、とゆーことではないでしょーか。

これも記事中ですが、世界的にはやはり
トールキンでしょうから、エルフの神弓手とか
イメージ受け入れやすいんでしょうね。

しかしエルフにナゾの日本要素付与てのは
存じ上げなかったので軽くぶっ飛びました(笑)

私はエルフ族のハンゾウという者だ。
とか言われたら日本人みんな死ぬと思う(何
エルフ族のハンゾウは面白すぎるwww
とはいえ、もしかしたら逆に外国からビッグタイトルが出てきてしまったら考えられなくは無いです。

SNEを考えるとどんくさエルフの発祥ってTRPGじゃないかと思ってたんですよ。
ところが最近のSWなんかでも割と弓も使える上でバランス取ってたりするので、あんまり自信もって言えなかったんですよねー。

まあ実は指輪もロードスも斜め読みレベルなんですけども、指輪のエルフは確か剣も一流の完璧超人ですから、流石にそこまでいくとバランスブレイカー。
どんくさエルフ増えないかなー(棒

この記事へコメントする:

    

この記事のトラックバックURL:

http://dgmiria.blog.fc2.com/tb.php/236-56cd77ba

この記事に対するトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。