1件ずつ表示 
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2016.07.18 Mon

カードに明記されていない能力

またダンジョンに引きこもり始めてブログのネタが磨り減りつつあるオーガの人です。
対人なんて気が向いたときにやるもんだと思います。

さてはて今回のお題は、DGに留まらずカードゲームで割とよくある問題。
『カードに書いてある能力と動作が連動しない、食い違う、あるいは理解しづらい』というお話。



さてその事例を考え、どこのご家庭にでも存在する2枚のカードをチョイス!

gura.jpg
mopa.jpg

まあ、この2枚に関してはDGに精通していれば分かるかと思います。
どちらも『大震撃』を持ちながら、後ろにユニットがいる場合攻撃を優先するグラビテ、前進を優先するモパズス。
これは警戒能力を指す『優先的に周囲一マスの背後の敵ユニットを攻撃する』という文章が能力中に含まれているためです。
ここまでに関しては、単に能力の意味を理解できれば分かる話。

・・・でもさ。よーく考えてみて欲しい。
DGに慣れてる俺らは、なんとなーくやってて動作が分かるからいいんだよね。
でもさ、初めてこの文章を見て、警戒能力を知った人はさ、
『後ろに2体以上敵がいるとき、どっから先に殴るのよ?』って思うと思うんだ。

クロスボルトを始めとして、権天使、ワールドなどの分散ダメージはどちら側から優先的に高ダメージが入る、とか。
実際の動作を文章だけで読み解けないのは、カードゲームのルール説明文として不適切だと思います。



さてではもう一例、実際の動作がカード文章から読み取りづらい例をば。

str.jpg

はてさてどれだけの人がこの産廃を使ったことがあるのか。
さてこいつの動作について説明します。といっても『咆哮』はそのまま、ストレングスの行動タイミングで発動します。
問題はこいつの『力』という能力。一見すると、ストレングスが召還されたターン中、味方の攻撃力を+1する能力かと思われます。
そして実際、この手の動作としてはやや特殊な事例となります。

さて実際にストレングスを召還すると、全味方ユニットに攻撃力+1の効果が乗ります
そして濃霧などにありがちな『後から召還したカード』にも効果は乗るのか?大丈夫です、ちゃんと乗ります
では実際行動してみると、ストレングスが行動終了した時点で全ユニット攻撃力+1の効果が終了します。
ストレングスより後に行動するカードは、実質的には攻撃力+1の効果を受ける前に効果が終了する。なんぞこれ・・・?

さて日本語をよーく読み返してみると、その意味がつかめてきます。
『召喚後1ターン目のみ、全味方ユニットの攻撃力+1』
これに注釈を付け加えて見ましょう。
このカードの召喚後1ターン目のみ、全味方ユニットの攻撃力+1という能力を持つ

早い話が、自身が行動終了するまで獣人王ロアの能力を持っている、という意味なんですねコレ。そんなん分かるか
いや分かる。説明されたり、よく能力を考えてみれば分からんでもない。しかし、一見してそれに気づく文章か?
文章を読む限り、ターン中全体にかかる効果の類と読んでしまうモンかと思います。


カードゲームのルール文章というのは、えてして日本語として優秀ではないと(少なくとも私は)思っています。
DGでいう『ステルス』に対応した能力を持ったカードというのは、割と様々なカードゲームで見かける能力です。
そして大概の場合、ダブルヒットなどに代表される『対象に取らず範囲に含む』が有効、というのも共通。
もはやカードゲーム的には常識です。

しかし、『スキルカードの対象にならない』という日本語では、『効果が無い』と読み解かれても仕方が無いと思うんですよね。
あくまで言葉として分かりづらい、っていうだけの話であって、じゃあどう表現すんだっていうとまた微妙なんですけども。
いわば日本語を使ったカードゲーム的用語表現の類、と表現するモノと考えています。
・・・やー、日本語ってむつかしいですねえ(棒)。


とまあ思う方向に適当に書きなぐってたら言いたいことを忘れるところでした。

俺が言いたいのはこんなところじゃないんだよ!

jex.jpg

環境を激変させた問題児ジュリエット。テメーだテメー。

さてはてこいつの何が気に食わないのか。全部。
魔鏡によって増殖したユニットは初回行動時に召喚系能力が発動しないというのはかなり早い段階で発見されていました。
そりゃそうですよね。普通に考えたらアウグスト増やすのは鉄板で強そうですもん。
まずこれが『文章中から解読できない問題』その①。

ではジュリエットの問題は魔鏡・・・ではなく、召喚されたロミオやジュリエットからの召喚行動
実際に動かしてみましょう。

①盤面にジュリエットだけが存在する状態。
②ジュリエットの行動ターン。ロミオを召喚し、行動。攻撃する。
③反撃や毒など、何らかの遅延ダメージによりロミオ行動前にジュリエットが死亡する
④ロミオの行動ターン。ジュリエットを召喚し、行動。攻撃する。
⑤反撃や毒など、何らかの遅延ダメージによりジュリエット行動前にロミオが死亡する
⑥再度召喚されたジュリエットの行動ターン。ロミオは召喚されないまま行動。攻撃する。

・・・当然、文章中に明記されていない行動。
しかも『自ターン中に手札以外から召喚されたユニットが召喚を発動しない』ならば、ロミオがまずジュリエットを呼べないはず。

もちろん上記の状況はそうそう狙って発動するような状態ではないのですが、財宝でベノムコートが付いた反撃持ちゴブリンに突っ込ませたりすると割と再現できます。
これはいったい何なのか。ループなどが起こらないよう狙ってこういう仕様にしたのか、あるいは単にシステム上の問題なのか。
カードに明記されているルール文章だけであれば、何度でも召喚から攻撃を繰り返すはず。
しかし、こんなループを狙って発動させる方法など・・・


jexc.jpg

・・・あった。しかも召喚無制限なら2枚で無限爆発ループ・・・

もしや運営はジュリエットを実装したときからこの動作をあらかじめ想定していたのか?
いやまさかそんな・・・?だって実装時期的に1年以上差が・・・?

という疑問を持ったが故にこんな記事を書いたのでした。実際のところどうなんでしょうねえ・・・?
スポンサーサイト

続きを読む
Category: 未分類 Comments (5) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

MIRIAxさんはじめまして。
4サバ術師の多摩ノ井三郎、たまさぶろと申します。

以前から楽しくブログを拝読させて頂いておりました。

実は私もDG関連ブログを最近始めました。
3サバウルモフさんのブログなどで
ニアミスなどさせて頂いてもおりました汗

このたび、私のブログでもアザゼルをちょっと
取り上げており、これはいよいよご縁かと思い
コメントさせて頂いた次第です。

もしよければ、相互リンクなどお願いできませんでしょうか?
かねてよりファンでありましたMIRIAxさんと
相互リンクなどさせていただけましたら
幸甚の極みでございます。

ご検討いただけましたら大変うれしく存じます。

今後とも楽しいオーガ、とブログ更新を期待しております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
オモシロネタで最近魔鏡で新ネタ拾ったんですけど狡猾なニスロクをコピーするとコピーされた狡猾なニスロクはただのニスロクになるっぽいです、3、40回英雄殴っても帰ってきませんでした(゚∀゚)
初めまして
たまさぶろさんのブログ住人です
遊びに来ました
いつもオーがネタで笑わせていただいてます

こういうの見ると運営って頭いいのか悪いのかようわからんくなります
それを思いつけるあなたもすごいわww
いつから重力の檻に警戒文章ついたんだこれ。
あと、そのロミジュリの挙動はないと思う。ロミジュリ両方いて、先行動が死んで、後行動が再度相方出すって挙動だと思う。
なんかすげえ盛況だな...

>>たまさぶろさん
ぜんぜんOKです、つーかもう勝手に登録しちゃっていいですよこんなトコ。
チラ見させて頂きましたが更新頻度すげえ。
このブログ、リンクが非常に見づらい位置にあるのでこちらからリンク追加する意味があるのかどうか微妙なんですが、入れさせていただきました。

>ニスロクの方
これはつまり盤面にパーンがいる状態で魔鏡と瞑想を交互に連打して、1ターンで相手の盤面をニスロクだらけにするとかそういうアレですかね?
ニスロクを盤面に残すメリットを考えるのが難しいw

>ここりんさん
なんかこのブログ、愛読者多いのか何なのかようわからんですね...
ネタデッキやネタ挙動に関しては『どんな訳分かんない能力でも使えないで切り捨てないで、とりあえず考えてみる』のスタンスがあればだいぶ切り開けると思いますよ。
全く普通にプレイする分には意味の無い行為ですが、カードゲームは面白くなるかと思います。

>エルフの人
重力の檻、確か俺も無かったと思ったんだけど気のせいじゃなかったか。記事書いてて気が付いた。
ロミジュリは流し見だからなんとも言えないけど、最初に死ぬ奴が召喚されたターンじゃない&片方がすでにいない状態でターン行動スタートした時、ここまでは召喚された気がした。
まあそれこそ挙動変わってる疑惑も無くは無いが。

この記事へコメントする:

    

この記事のトラックバックURL:

http://dgmiria.blog.fc2.com/tb.php/200-42ab21ed

この記事に対するトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。