1件ずつ表示 
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2014.06.11 Wed

また☆の数云々

文章を書くのって難しいよね!(挨拶

記事ごとに文章の書き方がいまひとつ安定しないと噂の私ですが、まあ色々あるんですよ。
ぶっちゃけると大学生活の癖というかそんなものが抜けてなくて、カードゲームの理論的な話をしたり、確率やら推論やらの話をするとレポート調の文章にしたがる。
逆に好みのカードについてだったりネタ臭い内容はざっくばらんな文章になるんですよね。どっちかっていうと今回はこっち寄り


ディヴァインに限らずカードゲームをプレイする上で、どうしても対になりがちな問題がある。
『勝ちたい』ということと
『好きなカード使いたい』ということ。
もちろん好きなカード使って勝てるに越したことはないんだけど、できるなら苦労しねーよ!って話です。

その点に関していえば、ディヴァインは比較的優しいシステムかもしれない。
☆の数を増やせば必然的にカードは強くなるんだから!
ネトゲなんてプレイ時間とかけた金額分強くなるゲームがほとんどなのだから(これは極論だけど間違っちゃいない)
普通に対人やる程度な分には好きなカード集めまくって☆増やせばそれなりに戦えるよね!
逆に大多数が非課金、あるいは微課金だしニートなわけでもないから、普通のプレイヤーは☆4☆5の狭間で戦ってる。


じゃあ、実際どのくらい戦えるんだろ?

愛を注いだ☆6のゴミクズで固めたデッキなら対人に勝てるのか!?
結論から言えば、どんなユニット使ってもそれなりには勝てるんですよね。

待機値と比較してあまりにも弱いユニットというのはそうそういないし、その辺はちゃんと考えてユニットを作ってある。
なら他と比較して多少弱い程度なら、その分だけ☆を増やして補えばいい。

     \産廃でーす/
ogres.jpg


個人的には一番ねーよ!ってオーガはこいつ。
☆4では4/13、憤怒も1だ。6待機なんだぜこいつ。

なんでこんなことになったかっちゅうと、憤怒や闘志持ちはHPの高さが純粋に強さに繋がるからだ。
そのため基礎能力の上がり幅の割に待機値を重くさせられやすい。それにしてもこいつは酷いと思うが。
で、今ほどインフレしてなかった時代では高いHPを減らすのが結構難しかった経緯がある。
事実最近出た炎の竜人☆6で4/18、憤怒2+破甲まで付いてくる。4待機なんだぜこいつ。
こいつのせいで憤怒持ちオーガは大体全滅したとまで言われた

しかし、別にこのゲームはデッキに入れられる星の数が制限されているわけでもない。
普通の野良対人で☆6のこいつを出せば、☆4☆5を使うプレイヤーには十分脅威だ。相手の反応が予想できる。
ウワァ何こいつwwwwwなんであれが☆6なんだよきめぇwwwwwwwww

で、当然弱いとされているカードほど人気がない、当然安い。それだけ枚数も集めやすくなる。
☆4でも☆5でも素材は腐るほど集められる、正にWin-Winの取引じゃないですか!


とまあ、ぶっちゃけある程度愛があればカバーできる部分はでかいと思います。
もちろんそれだけ手間現金時間のどれかが必要になるわけですが。
『俺はこいつで戦いたい!』っていう熱望があれば、案外それなりに戦えるもんです。勿論ガチガチの☆6グッドスタッフに勝てるわけではありませんが、そういう次元で戦いたい人は好みがどうとかいってられないレベルで勝手にしてくださいって感じなんで。
ちなみに氷の精霊系主軸で戦ってる友人もいます。結構いけるもんですねあれ

普通にカードゲームとして楽しむ分にはそういうスタイルも十分いけますんでオススメです。
流石に☆6は無理!ってアレでも、☆5なら分解素材扱いで100TPなんてことも結構ありますしね。
☆5のゴブリン山盛りとゴーマ、金貨の箱、なんてデッキもいいと思います。ていうか実際強そう。
下手なイベント産とかの☆4数枚分の価格でデッキ完成、なにこれつよい!
適当なゴブリン単+スキルだけでも、☆4だけで構成されたデッキとならいい勝負できると思います。
強いカード投げられると強いもんは強いんですけどね。
スポンサーサイト

続きを読む
Category: 未分類 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

この記事へコメントする:

    

この記事のトラックバックURL:

http://dgmiria.blog.fc2.com/tb.php/16-5be8629c

この記事に対するトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。